2011年10月14日

複数のファイルに一括して無音を追加(Sound Engine)

フォルダの中にあるすべてのファイルに無音を0.2秒追加するスクリプトの例。


公式見てもいまいちよくわからなかったので書いてみます。

関連記事
Sound Engineのスクリプト


Sound Engine スクリプト解説画像.JPG

1.スクリプトタブを開く
2.↓のテキストを貼り付ける
----------------------------------------
ここから→
[Folder Open]

[Side Insert Silence]
Parameter1=0.2
Parameter2=0.2
Selection=0,-0,-1

[Folder Save]
Extension=wav

[Message Box]
Text=終わり!
←ここまで
----------------------------------------
3.実行ボタンをクリック

実行後は入力フォルダ、出力フォルダの順番で選択する。
あとはSound Engineが勝手に一気に処理してくれます。
無音の長さを変えたい時はParameter1とParameter2のところの数字を変えます。
前者がファイルの頭に追加する無音の長さ
後者がファイルの最後に追加する無音の長さです。
ファイルの頭に5秒の無音を追加してファイルの最後に無音を追加しないという場合は
Parameter1=5.0
Parameter2=0
といった感じです。



解説

○そもそもスクリプトとは何か
簡単なプログラミングのよーなものです。
Sound Engineに一定の作業を覚えさせることができると言えば少しはわかりやすいでしょうか。
フォルダ内の全ファイルを選択→ノーマライズ→逆再生などの一連の作業をひとまとめにすることができます。
(フォルダ内の全ファイルを選択→ノーマライズ→逆再生)←これで一つのスクリプト
こんな感じです。
単純な繰り返し作業にに非常に効果的です。

○スクリプトを使うと何ができるか
・複数のファイルをまとめて編集できる
・複数の命令をまとめて実行できる
大体こんな感じです。
上にも書いたようにやりたいことをセットにできるわけです。

上のスクリプトを例にすると
手作業の場合…
1.ファイルを開く
2.前に無音を挿入
3.後ろに無音を挿入
4.保存する
5.次のファイルを開く
6.2に戻る

…これを編集したいファイルの分だけ繰り返さなければなりません。
100個ぐらいのファイルを編集したい時にこれを繰り返すのはなかなか辛いです。

ここでスクリプトを使うと
1.編集したいファイル達の入ったフォルダを開く
2.保存するフォルダを選ぶ

その後は上記の2〜6をSound Engineが勝手に処理してくれます。
フォルダ内のファイルの選択と無音の追加をスクリプトがやってくれているということです。

ファイルが複数でない場合でも
逆再生を駆けてリバーブをかけてノーマライズしてさらにディストーションをかけてコーラスをかけ(略
みたいな作業でもスクリプトを作っておけば次回同じ作業をしたい時に非常に便利です。
posted by トメnrb at 19:58| 東京 ☀ | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/230431759
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック