2013年07月10日

面白かった小説

大した数は読んでいないのですが
折角なので面白かったものを挙げてみます

自分の好みは
SF>ファンタジー
恋愛要素はやっぱりあった方が面白い
洋書の翻訳版は読みづらいと感じることが多かった
グロとかハードな描写は苦手
バッドエンドよりもハッピーエンド
ほのぼの系よりは明確な目的などがあるスリリングな話
といった感じでした
参考までに


最高に面白かった(よかった)もの


リプレイ
…タイムリープ  繰り返す人生    
…自分の意思とは関係なく一定の年齢で過去に戻るという設定

夏への扉(新訳版)
…時間跳躍  猫  SF  伏線回収
…ぬこ大好きなロリコン男が、幼女が成人するのを待って結婚する話である(ニコニコ大百科)

動物農場
…おとぎ話  ディストピア    
…本編が150ページで解説が50ページもある全体主義への批判を描いた作品(らしい
…同著者の一九八四年よりも読みやすい
…キャラクターが喋る動物なのでイメージしやすい
…全ての動物は平等である。しかし一部の動物は更に平等である

アイの物語
…SF  人間とアンドロイド  近未来  つながりのあるエピソード集 
…人類が衰退した未来
…アンドロイドのアイビスが主人公に架空の物語を聞かせていく
…仮想現実、人工知能、外宇宙への旅、バーチャルリアリティ、アンドロイドの話など
…各エピソードの合間に主人公とアイビスの会話が挟まれながら進んでいく




かなり面白かった(よかった)もの


リセット
…過去にタイムスリップ 女性の主人公 学生時代 主人公が三人
…40代の女性三人が高校時代にタイムスリップして人生をやり直す話
…三人の主人公それぞれ考え方に個性があり、やり直した人生の歩み方の違いが面白い

神々の山峰
…登山  男の挑戦    
…登山に関する知識は全くなかったのですがかなり楽しめました。熱い

旅のラゴス
…弱い超能力  化学未発達  旅  人生
…ラゴスの人生を描いたSF?小説
…話がサクサク進むのでかなり読みやすい
…超能力といっても万能ではなくあくまでも限定的な力

ボッコちゃん
…ショートショート  SF
…3〜10ページくらいの長さの短編が50本

永遠の0
…二次大戦  伏線回収    
…二次大戦で戦死した祖父の足跡を追い祖父の戦友を訪ね歩く話
…話を聞く人物毎に異なった回想が展開される
…最後にすべての過去が綺麗にまとまっていくのが気持ちいい

この恋と、その未来。(全五巻)未完?
…学園  寮生活  甘酸っぱい
…森橋ビンゴさんその一

東雲侑子シリーズ(全三巻)
…学園  甘酸っぱい
…森橋ビンゴさんその二
…喜多川さんが好きです

虎よ、虎よ!
…SF 復讐
…主人公ガリヴァー・フォイルの強烈な人格と復讐の熱に引き込まれる
…古い作品だが、翻訳も読みやすい




面白かった(よかった)もの


マイナス・ゼロ
…時間跳躍  伏線回収  昭和中期(終戦〜戦後)  
…中盤からは夢中になって一気に読んでしまう
…伏線がとても綺麗に繋がる

星を継ぐもの
…SFミステリ

ダブル・スター
…SF  火星人  政治

スローターハウス5
…時間跳躍  二次大戦  ドレスデン爆撃  宇宙人
…時間跳躍モノだがそれで何かを解決するような話ではなく基本は戦時中のお話
…主人公のタイムとラベルは自分の意思とは関係ない受動的なもの
…そういうものだ

タイムリープ
…タイムリープ  学園  女性主人公  伏線回収
…話のテンポがよいのでサクサク読める。
…なんか面白い本ないって言われたらとりあえずこれを進めるそんな作品

漂流
…無人島  サバイバル  江戸時代

ワイルド・ソウル
…群像劇  ブラジル移民  復讐

海を見る人
…SF短編集      
…すごくSFっぽいSF。不思議な世界観
…苺ミルフィーユ

雨の日のアイリス
…主人公がアンドロイド  脱出

クラインの壺
…バーチャルリアリティ      
…ある意味ホラー。読んでいる最中の熱中度はかなり高い
…クラインの壺というタイトルはこれ以外ないというくらいハマっている

影法師
…江戸時代  伏線回収  出世街道  
…時代小説は読むのがキツいと思っていたのですがそんなことはなく、とても読みやすい
…話の流れは永遠の0と似ている(過去の回想を挟みながら進んでいく)

あした天気にしておくれ
…競走馬  非殺人ミステリ  伏線回収  主人公が犯人側
…競馬関連はおまけ程度なので競馬を知らなくても楽しめると思います



なかなか面白かった(よかった)もの


君のための物語
…ファンタジー寄り  名作劇場的世界観 
…すごく優しい雰囲気の作品。世界名作劇場とかARIAのような感じ
…文章が丁寧で凄く読みやすい。綺麗   

イヴは夜明けに微笑んで
…ファンタジー 学園 魔法
…色と対応した魔法(名詠式)という設定が面白い

紫色のクオリア
…タイムリープ  SF  女性主人公  量子力学や思考実験のウンチク  学園

空飛ぶタイヤ
…中小企業  困難の克服   
…三菱のリコール隠しが元ネタ(らしい
…立体的な人間関係が面白い

煙突の上にハイヒール
…SF短編集    
…どの話も面白かったのですが特に白鳥熱の話がよかった  

ボックス!
…高校ボクシング  スポ根    
…稲村の体力はチート

焦茶色のパステル
…競走馬  ミステリ  伏線回収  女性主人公
…同著者ではあした天気にしておくれの方が面白かった

クリムゾンの迷宮
…デスゲーム

風が強く吹いている
…箱根駅伝  スポ根    

アンドロイドは電気羊の夢を見るか
…人間とアンドロイド  近未来(三次大戦後)  SF  

涼宮ハルヒの憂鬱
…SF  超能力  宇宙人  学園  

カメレオンの呪文
…魔法  ファンタジー  旅
…メモリーズオフ初代で詩音が読んでいる小説「フォース」の元ネタ
…生まれたもの全員が何かしら固有の魔法を持つ世界で
…何も能力をもたない主人公が旅をする物語

とある飛行士への追憶
…王道  お姫様  戦闘機



その他読んだもの

流れよわが涙、と警官は言った
度胸
渚にて
夜のピクニック
阪急電車
ニューロマンサー…難解。想像力が文章に追いつかない。これが1984年にあったのはすごいなぁ
レベル7
放課後の音符(キイノート)
手紙
輝く夜
恋愛中毒
僕は模造人間
煌夜祭
キノの旅
狼と香辛料
みんないってしまう
ココロコネクト ヒトランダム…アニメが面白かった
そして誰もいなくなった
ぼくらの七日間戦争
一九八四年…世界観が結構キツめ。動物農場の方が読みやすい
妖魔の森の家…短編集。表題作は面白かった
それは、自殺5分前からのパワープレー
アルジャーノンに花束を
ゴールデンフリース
時の門…表題作が一番面白かったです
鋼鉄都市
ガーデン・ロスト
詩羽のいる街
ゼロ時間へ
戦うボーイミーツガール フルメタル・パニック
ブギーポップは笑わない



合わなかったもの

ふわふわの泉
エロス
果てしなき流れの果に
ライ麦畑でつかまえて…サリンジャーでは一番読みやすかった
ソラリスの陽のもとに
太陽の黄金の林檎…独特
すばらしい新世界
地下室の令嬢…ハーレクイン
ターン…リプレイを読んだあとだったのが
空ろの箱と零のマリア
BEATLESS
虐殺器官
すべてがFになる
推定無罪
フラニーとゾーイー
ナインストーリーズ
世界の中心で、愛をさけぶ
posted by トメnrb at 17:33| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
読んでいるなかで続刊をお勧めできるものでも(つーか、俺が読んでいるものがラノベ一辺倒だからそっち系だけだけど)
とりあえず、ハルヒは二巻は読まなくていい。っていうか、一作目と消失だけ読めば良い。
フルメタ系列は、本編は途中までお勧め。とりあえずラムダ・ドライバという単語が出てきてから微妙。
アニメのふもっふで使われる外伝短編系の話はお勧め。っていうかアニメのふもっふ見ればいいよ。
ブギーポップは全体的に平均点で面白いが、お勧めは序盤の方のエンブリオとペパーミント。派生作品のビートのディシプリン。

単純にお勧めしたい作品は、
電撃文庫川上稔著『都市シリーズ』『クロニクルシリーズ』。SFバトル物。基本的には綺麗にまとめてくれる。難点は文章量ぐらい。
お勧めは都市シリーズの香港、大阪、巴里、伯林。これは都市名ごとに完結し、クロニクルも、各巻毎に解決はする。
同じく電撃文庫で高野和著の『七姫物語』。中華系ファンタジー? お姫様に祭り上げられた普通の少女が主人公の物語。
とりあえず世界観というか、物語の空気が綺麗。
スニーカー文庫。岩井恭平著。『ムシウタ』虫に似た存在に“憑かれた”少年少女達の、自分の夢をかけた戦いの話。泣ける。
同著。消閑の挑戦者。様々な分野の天才たちが集められた殺し合いゲーム。おもろい。
ガガガ文庫。田中ロミオ『AURA』厨二病を卒業して高校デビューした少年が、厨二病の少女のせいで発狂する話。痛い。
田中ロミオってだけで紹介した。別にすごく面白いわけではない。痛い。

あと、単純にSF好きなら天地無用魎皇鬼! はお勧め。SFなんだけどデザインは和で固められていて、よくある「魔法と同じ万能科学」物。
これはまぁOVAのアニメがお勧めなだけっていうか、俺が大好きすぎるからお勧めしてるだけっていうか。原作の梶島さんが設定厨すぎて裏設定調べるのが楽しすぎるっていうかヤバイ。

設定を調べるのが楽しすぎるお勧めはPSゲームの「高機動幻想ガンパレードマーチ」
これは電撃文庫から小説が出てるが、こっちではなくてゲーム本編の裏設定を調べて理解していくのが面白すぎる。
ちなみに式神の城は、ガンパレードマーチの並行世界っていうか、ここら辺調べると一気に楽しくなる。

とりあえず、アイの物語がおもろそうなので今度購入してみる。
Posted by カイリ at 2013年08月17日 23:07
まさかのコメントワロスw
消失評判いいから読んでみるかな
映画は一応見たのだが
っつーか二巻からもうダメなのかw
アニメも二期は見てないな
ブギポとフルメタは読んだ時まさにラノベっていうイメージだったなぁ
特にブギポはすげー普通だった。良くも悪くも。
七姫物語と消閑の挑戦者なんか面白そうだからそのうち読んでみるか

つーかロミオはどちらかと言えば苦手なわけだがw
家族計画もあわなかった
クロスチャンネルはそれだけ傑作だったというわけですねわかります

設定とかは割りとスルーしがちだなぁ
ガンパレは出た時ちょっとだけ気になったけど

アイの物語は間違いない

とりあえず最大往生のリプレイ近々見るわ
Posted by トメ・ナルビー at 2013年08月24日 02:24
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/368809210
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック